SNOWFOREST

北海道でのバックカントリー、テレマークスキーの記録 etc..  from  sapporo (2017から)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターニングポイント?

興味本位でドアをノックしたら、ドアがガバッと開いて、中から腕がぐわわわ~~と伸びてきた。さて、どないしよ。
スポンサーサイト

日本海I


まだまだうねりがのこっていそうなので近所の海へ。
早朝は風もなく波もきれいだった。
昨日よりサイズもあがってた。
波数も多く、ガンガン練習してたら左腕が痛くなってきた。
いや~~、くせになってるのよね、この痛み。
1時間ちょっとで終了。
まぁ、オンが強くなってきて波も崩れ出したからええか。

いろいろと用を足しに札幌へ。
みきおさんにも会って、ボードに乗ってる時のスタンスについて質問。
テイクオフの動作について基本的な間違いをしているようでした。 T T)

日本海I


またまた西うねり~。
ちょっと遠くの日本海まで足を伸ばしてもいいなぁと思っていたら、突然午後勤務が入った。。。
ならばと近くのポイントで、朝夕の2ラウンド。
で、早朝からポイントへ。もうすっかり秋なのね~。肌寒い。11℃ちょっとだ。
まだサイズが小さかったのでしばし車の中で待機。目を覚ますとほどよいサイズに。
ならばと入水。カレントが強くポジションキープが大変だった。ずっとパドルしてた感じ。つかれたなぁ。
何本か自分にしては長く乗れたので満足して帰宅、職場へ。

仕事終わってから再出撃。
風も収まっていた。ポイントには数人入っていた。今日は午後からがよかったのだろう。
ささっと着替えて入水。朝よりも少しサイズはアップしていて、ちょっとドキドキした。
日が暮れるまで楽しんでヘトヘト。
タンパク質いっぱい食べないと。

日本海I


西うねりを追いかけて日本海へ。
朝の風はいくぶんおさまっていたけど、まだオンが強いなぁ。
でも入れないことはなかろうと日没までのわずかな時間をサンセットサーフ。
誰もいないかと思いきや、車がどんどん集まって、結局自分を含めて6人ぐらいがこの片田舎のビーチで波乗りを楽しんでいた。みんなここいらに住んでいるのだろうか。
仕事後から日没までのわずかな時間を海で過ごす。
波はよくなくても何故か満たされる。
みんなこんな気持ちなのだろうか。

太平洋M



下北半島の向かいの海で、max10人でキャンプ&サーフ。
波は見てのとおり自分にはほどよい小波。
早朝から海入って、サイズが落ちた昼過ぎに上がり、温泉&買い出し。
時間が合わず花火大会は見れなかったものの、花火以上に燃えさかった炭火を前に宴会。深夜はちょっぴり大人の浮世話。
翌日は、Gakuさんに車ごとゆすられ地震と思いびっくりして起床。眠気眼をこすって早朝から入水。
この日は天気もよく、ただでさえ綺麗な海水がますます透明度を増していた。
顔は日焼けしまくり。真っ赤になって、天狗みたいだったそうな。帰ってからアロエ入り化粧水をたっぷり縫ってお手入れ。今度は日焼け対策気をつけよう。
波はあいかわらず小波だけど、今の自分にとってはこのまったり感がここちよい。
練習しやすいサイズだった。
昼まで波を追いかけて、撤収作業。

ガゴメラーメンとごっこの唐揚げを堪能し、お気に入りの超ローカルチックな温泉で潮を抜いて帰路。

のんびりと楽しんだ二日間だったな~。みなさん、ありがとう~~!

日本海I


天気のいい海日和。
海パンで入れそうなぐらい暑い一日だった。
お盆のせいなのか、海沿いの田舎道路には海水浴客の車であふれ帰っていた。こんなに車を見るのはこの時期だけ。
海産物直売所も大入り満員。

そんなのを眺めながら昨日と同じポイントへ。
相変わらずサイズはないけれど自分にはほどよいサイズだ。
先に入っていたショートの邪魔にならない場所で練習。
ロングだと小さいサイズでも楽しめる。
スープの王様から小波の王様にレベルアップできたか。
ひとしきり遊んでおなかがすいたのでいったん家に帰ってランチ&お昼寝、グースカピー。

夕方、再出撃。
サイズは大分落ちていたけど、小波でもねばって短いライドを何本か。
頑張ってパドルすればなんとか乗れた。
波待ちの時間は長かったけど、水平線を西日に照らされながら移動する漁船や、フラフラ飛んでるオオセグロカモメや、ほにゃららカモ(たぶんカモの仲間。カモの同定って苦手)を眺めていたら、あっという間に時間がたった。
2時間ちょっと入って終了。

帰り道に見た夕日がきれいだった。
海の色がいつも以上にきれいに見えたけど、なぜだろう。
自分の拙すぎる色表現では言い表せないけど、なんか違うんだなぁ。
光の通過空気量の増加による青系統光の散乱増によるものなのかと考えてみるけど、う~ん、わからん。
きれいなものは素直にきれいだなぁと思っておくのがいいか。

日本海I

昨日の夕方と同じポイントへ。
いまいちだなぁ。
もうちょい北上してみるか。
Hへ。う~ん。
さらに北上。
Kへ。くるぶしサイズ。
結局最初のIが一番ましだった。
Kの寿司屋もまだ空いていないのでUターン。
昨日のポイントから少しずらしたところが一番遊べそうだったので、そこで入水。
最初からここにしておけばよかった~、ってのはよくあること?

日本海I

近所の海にうねりがきてるかも。
仕事後、ささっと準備をして海へ。
北に向かうにつれて、波が割れてきた。
ポイントは自分にはほどよいサイズ。
ガラスキポイントで夕焼けザブーン。
小一時間ほど練習して終了。
ちょっと進歩したか。
肩こりも治った。^^

道南めぐり  秘湯とウニ・アワビとエビス、ダイキリも少々

めったに行く機会のなかった道南檜山地方を温泉&新鮮な海産物を目的に、瀬棚、旧熊石、江差、上の国、松前、福島、知内、北斗、今金、ぐるぐるぐるるっとドライブ。
うねりがきたら波乗りできるかなぁというポイントもちらほら発見。

さてさて本題へ。
いきなりですが、、、
道南にはいい温泉がいっぱい!
白濁したお湯と建物と周囲の雰囲気がとっても素敵な入浴料(清掃協力金)100円の臼別温泉(右画像)。
渓谷の中にある天然露天風呂(無料)、脱衣所は別だが湯船一個でもろ混浴、カップルご用心な平田内温泉 熊の湯(水着禁止←願望)。
1205年に発見されたという北海道最古のあっつーい知内温泉(しりうちといいます)。
湯船の底に敷き詰められた砂利と透明度がきわめて高いお湯が特徴のヘビと一緒にはいれる奥ピリカ温泉(本当にヘビと入れます。ぼちゃんとした音がしたかと思うとヘビがいてびっくり)。

食べ物もよかったな~。
やっぱりこの地方特産のアワビと今が旬のウニ。旧熊石町の海岸沿いにある新鮮かつリーズナブルなマス寿司。(なにげに卵焼が美味かった)
旧大成町のこれまた海岸沿いにある養殖アワビの直売所(LLサイズ1個630円なり!天然モノとの違いはわかりませんでした。美味)。
崖の上にある眺めがとっても素敵な上ノ国の宮寿司。ウニが新鮮でウマミがにゅわわわわ~んと口の中に広がって、そりゃ~美味しかったです。なんせ今が旬ですから。その美味しさたるや、いわんや何々おや。
何気にスーパーで見つけたソイとヒラメの刺身も新鮮で美味かったし、今回食べたものはどれもこれも満足。
値段も安いし(←これはとっても重要)。

瀬棚の甲田菓子店の岩シューが売り切れで、北桧山のサフォークを買えるお肉屋さんが見つけられなかったのがちょいと残念だったけど、それは次の機会かな。

それにしても、この地方の道の駅はどこもイマイチやる気が感じられなかったのは気のせいかしら。。

最後は大通りのビアガーデン。サッポロビールブースで中札内地鶏の半身揚げなんぞをつまみにエビス ザ・ブラックをぐびぐびぐび。8月の恵みという期間限定ビールも飲んだら、エビス ザ・ポップみたいだった。
ひとしきり飲んだあとは狸小路のバーでダイキリをぐびぐびぐび。
ウコン飲んでおけばよかったと思ったのも後の祭りだったぞなもし。

太平洋H


久々の海。久々のHポイント。
見事に小波だったけど、サーファーが数人しかいなかったので練習にはよかろうと入水。
ysmにショートを貸したので自分はロング。
ロングなら乗りやすいだろうな~と思っていたが、、、
見込み甘すぎ。
テイクオフでこけまくるし。
情けなや~~
でも久々の海は気持ちよかった。

TELEMARK TIPS


Allen&Mike's Really Cool Telemark Tips: 109 Amazing Tips to Improve Your Tele-Skiing (Falcon Guide)

やっと家に届いた。
1998年に発売されたテレマークの技術本。
ユニークなイラストをたっぷり使って、109のテレマークスキーのコツを説明してくれている。

基礎技術から、パウダーの滑り方まで、とにかくイラストが豊富だから、洋書だけど直感的に理解できるし、わかりやすい。なによりイラストに癒される感じ。
レゲエおやじや、大胆なドレスレディ、サムライや、骸骨まで登場。もちろんみんなテレマークしている。

自分は技術本を読むのがとても苦手で、たいてい途中で挫折するけど、この本なら最後まで読めそう。最新のテクニックとは違う部分はあるだろうけど、基本を理解するには十分でしょう。

こりゃ、名著な気がします。ブラボー。

Top

HOME

たか

Author:たか
since 2003 4/1
北海道の山々をメインフィールドとしてテレマークスキーをしています。無理せず、自然体で楽しんでいこうと思います。

この人とブロともになる

全タイトルを表示

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。