SNOWFOREST

北海道でのバックカントリー、テレマークスキーの記録 etc..  from  sapporo (2017から)

積丹岳南面シュート+大滝川源頭斜面  満足の日 06.04.30


南面シュート

 
昨日は夜7時に寝て、今朝2時起き。ぐっすり寝たつもりなのに昨日の羊蹄の疲れが残っている。。
ぐろさんにおいていかれながら、何とか3時間20分でピークへ。 脳みそにとりついたあくまの誘惑に打ち勝った。
まずは、ピークから南面シュートへドロップ。今シーズンは雪が多いのか、昨年は岩が露出して滑れなかったピークからエントリーできた。
雪はやわらかいザラメ。板つかみもなく標高差450mの急斜面を大きなターンを描きながらボトムまで一気に滑り降りる。
やっぱしこの斜面はサイコー。ボトムに近づくにつれて狭くなる斜面はまるで漏斗みたい。だだっぴろい斜面よりも落下感が強い。
滑り降りた後に軽く吼えた。完全燃焼。
南面シュートを滑り降りたら稜線まで登り返さないと帰れない。またまたトボトボと歩く。
滑ったところは急で登りづらい。なので、積丹岳・余別岳を結ぶ吊尾根に取り付くために一旦余別岳方面へ。吊尾根に取り付いたら積丹岳方面に折り返す。遠回り。
再びピークまで。標高差450mの登り返しは毎度のことながら疲れる。
ピークで少し休憩して、お次は初めての大滝川源頭斜面。
ピークからC.600までの標高差600mの斜面。斜度はほどほど。ところどころ板掴みが潜んでいて気が抜けない。すでに足はパンプしそうだった。つーかしていた。
ボトムまで滑ったらまた登り返し。。。ぐろさんはシールなしで登っていく。すげぇ。
自分はシール着けてゆっくり歩く。
北尾根まで登り返したら、ぐろさんが上から滑ってきた。
待っている間に少し斜面を登って滑ったそうな。
ノーマルルートじゃなく別のルートを滑ろうかといわれたけど、この時点で燃え尽きかけていたので、北尾根を滑ることにしてもらう。お世話かけます。。
ぐさぐさ雪の尾根を滑って下山。
疲れたけど、滑りごたえ満点。FEEL SO GOOD!

【メンバー】  テレマーク:ぐろさん  スキー:たか
【天候】 晴れ
【標高差】 累積約1650m
【雪】 ザラメ
【タイム】
  5:40 スタート(C.160m)        9:00 積丹岳ピーク(C.1255m)
  9:30 南斜面ボトム(C.800m)    10:20 吊り尾根(C.1080m)
 11:30 積丹岳ピーク(C.1255m)    11:50 大滝川源頭斜面ボトム(C.650m)
 12:30 北尾根(C.750m)        13:10 下山(C.160m)


積丹岳ピークと南面シュートのトップ。



rider:ぐろ

大滝川源頭斜面


rider:ぐろ

rider:ぐろ




【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE guro model)

羊蹄山156の沢  気持ちよかった日 06.04.29



 
約束された天気。長いアプローチの北面を狙った。
標高差650mのオープンバーンを滑降。
上部はパックされた新雪。中盤からやわらかいザラメ。
板がよく走ってスピードを出せた。気持イ~~。
沢のボトムはいつもどおり板つかみ。
落石も増えてきた。
C.1350~C.1450の間にある標高差100mの壁を登りきるのに1時間ぐらいかかってしまったけど、登りに苦労した価値ある1本だった。
グレイト!

【メンバー】 ソロ
【天候】 晴れ
【標高差】 約1440m
【雪】 ザラメ
【タイム】
  7:20 スタート(C.260m)
 13:10 C.1700m
 14:20 下山(C.260m)




【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

岩内岳  海キレーな日 06.04.23



 
ピリリとしたところを滑ろうかなと考えてたけど都合が合わず。単独で行く気にもなれなかったので朝からどうしようかとウダウダ。
羊蹄山のライブカメラ見るとガスで真っ白。天気は回復傾向にあるみたいだけど、一度下がったテンションはなかなか上がらない。
いつの間にか、ネットで「BLOOD+」を第28話までイッキ観していた。昨日の夕方のテレビ放送を観て興味を持ち、ネットで過去放送分も全部見れるとのことだったのでついつい。ヤバイ、またまたハマリそう。。。
気づいたらもう昼過ぎてた。外を見ると青空広がってる。時間は遅いけど、どっか行こう!テンションを上げる。天気もいいし海が見えるところ、ということで岩内岳に決定。
もうスキー場もオープンしていないので、スキー場のコースを下からハイク(シーズン中でも一番下のリフトしか動いていないはず)。
この時すでに14時30分。重役出勤。
無風、快晴。標高差約870mを汗だくでガシガシ登ってピークまで。
ピークからの日本海がキレ~~~~。
さっさと準備して、ピークからボウルに滑り込む。斜度があるところでも30度前半ぐらいかな。パーフェクトザラメで滑りやすい。リラックス。
標高差350mほどを一気に滑って、トラバース。スキー場のコースへ戻る。あとはコースどおりに滑って下山。 登って滑って、しめて2時間10分。お手軽ね。

【天候】 晴れ
【標高差】 累積約870m
【雪】 ザラメ
【タイム】
 14:30 スタート(C.210m)
 16:20 岩内岳ピーク(C.1085m)
 16:40 下山(C.210m)




【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

積丹岳北尾根  のどかな日 06.04.15




 
ぐろさん のテレマークツアーにこっそり(?)混ぜてもらって積丹岳へ。
北尾根からアプローチ。
終始天気がよかった。
一部風が強い箇所があったけど、ピークは穏やか。
C.1121から標高差450mの北ボウルを滑る。
上部ガリガリだけど中盤からナイスザラメ。
C.750からトラバースして樹林帯を滑りつつ下山。
海が見える山で過ごしたのどかな一日。
いいツアーでした。


【天候】 晴れ
【標高差】 累積約1100m
【雪】 ザラメ
【タイム】
  8:30 スタート(C.160m)
 12:20 積丹岳ピーク(C.1255m)
 14:50 下山(C.160m)









【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

定山渓天狗岳ニセワラジルンゼ  デブルンゼの日 06.04.08


ニセワラジルンゼ

 
気温が高かった。
中央稜に積もっていた雪がニセワラジルンゼを登っている最中にも頻繁に落ちてきた。そのたびにルンゼをドロドロとスラフが流れ落ちる。ルンゼの湿雪を全部はぎとって天狗平近くまで流れた大きいのが一発。小規模なのも数発。
そんな状況の中でルンゼトップまで登りきることにストレスを感じたので、トップまであとひと踏ん張りというところで断念。
中尾根の急な側壁を必死で標高差30mよじのぼり、安全地帯へ。斜度50度ぐらいの側壁をシングルアックスで登ることは、クライミングをかじった程度しかやっていないハナクソ山スキーヤーにはなかなかスリリングだった。
中尾根側壁に張り付いた雪は全然落ちていなかったんで、1ターン目で予想どうり表層10cmの湿雪が全部落ちる。
後はぼこぼこがりがりデブデブのルンゼを安全に滑降、というより下山。
デルタフェースから天狗平までの斜面はデブリがさらにひどくて大変。
ぐさぐさ雪の天狗沢沿い下って、最後は白井川の渡渉。行きはブーツを濡らさないように、スノーブリッジや飛び石を跳んでクリアしたけど、帰りは遠慮なく膝まで水につかってジャブジャブ歩く。
雪解けで冷えた水がほてった体を一気にクールダウン。
精神的にも疲れた山行だった。天気がよかったのが救い。

【メンバー】  スキー:ロボ、たか
【天候】 晴れ
【標高差】 約700m
【雪】 湿雪













【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

untitled

さすがに年度の変わり目は自由時間が少なくなるな。
担当する仕事が変わったりするので、引継ぎやらで今週末は山にいけず。来週もどうかな。

シーズンも終盤。
5月連休は知床半島の遠くて狭くて急なのに興味あり。
知床の雪解けが今年は早いという話もあるけど、上手くタイミングがあいますように。
十勝連峰の念願のシュートや、札幌近郊のルンゼも滑れるといいな。
連休終われば、狩場山のドラゴンⅠ滑って、去りゆくシーズンを惜しみながら途中で採ったアイヌネギ+生ラムジンギを楽しみたい。
今年はたらふくビール飲めるように、シュラフ持っていこう。^^;
アイヌネギと生ラム食って、ビール飲めないのはつらすぎっす。

シーズンが終わりに近づくとともに、海にも行きたくなってきた。
八雲町のTUTAYAでNALUを立ち読み。
海は素敵だ。

雑感書き散らしでした。

Top

HOME

たか

Author:たか
since 2003 4/1
北海道の山々をメインフィールドとしてテレマークスキーをしています。無理せず、自然体で楽しんでいこうと思います。

この人とブロともになる

全タイトルを表示

名前:
メール:
件名:
本文: