SNOWFOREST

北海道でのバックカントリー、テレマークスキーの記録 etc..  from  sapporo (2017から)

ニトヌプリ  ま、ええか~の日 06.03.26


ニトヌプリ南西斜面。白いオープンバーンはシュカブラだらけ。

 
昨夜はニセコのKTさん宅で遅くまで飲み明かす。
朝6時、リビングから外を見ると羊蹄山がくっきり見える。天気予報では下り坂ということだったけど、案外いいのかも。
しか~し、朝食を頂きながら外を見ていると雨がパラついてきた。羊蹄山もガスに覆われて、いつの間にか見えなくなった。。。
やっぱし前線の影響なんやね。午後には回復するかもしれないので、午前中はふらふらと時間を過ごす。
時間がたつにつれ青空が見え始めた。昼にはすっかり晴天や~ん。きっと雪はよくないけど、行くだけいってみよ~。
ゲレンデも考えたけど、もう正午回ってるし、リフト券買う気にもならんので山に行く。
上空を凄い速さで雲が流れていく。風強そうだなぁ。森林限界超えた斜面はきっとカチカチとかシュカブラでぼこぼこだろうけど、風下側の樹林帯なら、ひょっとしたら雪がついているかも。そんなわけで、アプローチが短く、樹林帯もあるニトヌプリへ。
いい天気なので景色を楽しみながらのんびり登る。気持いいな。
樹林帯には10cmほどの新雪、森林限界超えると予想通りシュカブラだらけ。風は強いけど、プレッシャーを感じるほどではない。
スキーアイゼンつけてウインドクラストした斜面を登ってピークまで。滑っても楽しくはない斜面だけど、なんとなく登ってしまった。
んで、準備して滑る。やっぱしガタガタだ。樹林帯に期待していものの、登るときは軽かった雪がいつのまにか解けてべたべた。板つかまれないように重心の位置に気をつけて滑り降りる。
天気もいいし、山滑れたからまぁええかな。これはこれで楽しいのだ。
家に帰って、なんとなく「STEP INTO LIQUID」を流す。海行きたくなった。

【メンバー】  ソロ
【天候】 晴
【標高差】 累積約470m
【雪】 シュカブラ&ザラメ
【タイム】
 13:30 スタート(C.610m)
 14:50 ピーク(C.1080m)
 15:10 下山


青い空と、白い雪。とてもとてもよい気分。

シャクナゲ岳。


チセヌプリ南東斜面。

チセヌプリ南東斜面に残されたライン。上の方は滑りづらそうだけど、下の方は気持よさそうだ。rider:unknown。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

黒松内岳  結構スティープな日 06.03.25


黒松内岳東斜面を滑降。短いながらもピーク直下はピリリと刺激的な急斜面。
rider:たか
photo:SIT

 
雪に埋もれた西の沢林道をモービルでかっ飛ばし、いいところまで送ってもらってから歩き始める。
北斜面を1時間ほど登ってピークに到着。いや~~、景色サイコーー。 ビールで乾杯して、滑降。
ほとんどの人が斜度のゆるい北斜面を滑ったけど、雪も安定していたし、斜度のある東斜面にドロップ。
標高差150mほどはなかなかの急斜面。アプローチの長さがネックになっているが、もっと多くの人に滑られてもいいと思う。魅力的。雪が落ち着かないと危険なので是非とはいえないが、北面には適度な斜度の雰囲気のいいブナの疎林があり、急斜面の状況が良くない時はそこを滑っても楽しそう。
今回は人数が多かったので、標高差150mほどを滑って北斜面にトラバースしたけど、もっと下まで一気に滑れそう。標高差350m~400mは滑れるかな。

【メンバー】  スキー:たくさん
【天候】 晴れのち曇
【標高差】 
【雪】 ザラメ
【タイム】 10:00~15:00ぐらい


ここまでモービルに載せてもらった。
photo:SIT

ブナ自生北限地帯となっている黒松内。黒松内岳のブナ林もなかなか良くて好き。
photo:SIT


黒松内岳ピークから太平洋を望む。黒松内町は日本海と太平洋までの距離が日本国内で最も短い町。町で一番標高の高い黒松内岳(739.8m)からは、太平洋と日本海の両方の海を見ることができる。

日本海、寿都湾方面を望む。遠くに見えている白い山塊は積丹山塊。また行きたい。


ニセコ連峰、羊蹄山。

東斜面のピーク直下はかなり急。photo:SIT


rider:SIT

黒松内岳の北東斜面。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

ドロップ

羊蹄山テラスの沢ドロップ直前。
緊張の瞬間。
黒松内岳ピークより。

ニセコグランヒラフ  まだまだパウダーの日

パウダー食いまくり。
いや~、えがった~~~。友人達も大喜び。
途中で、朝一からノートラック滑りまくってたカノマーさんとアヤさんに合流させてもらって、裏、裏を教えてもらう。パウダー祭り。ありがとうございました!!
NKさんにも出会った。考えることは同じ? 笑
強風のため上部のリフトは動いていなかったという状況だから、今日はゲレンデが大吉。
下半分のリフトを回してもパウダー三昧。さすが北海道、さすがニセコ。
結局朝から夕方まで滑ってた。
最後の1本はNKさんに、VectorGlideから出るシーズンの板「shift」を貸してもらう。
188cm、トップから130mm、100mm、120mmのファット。
乗り心地といい、デザインといい、気に入ってしまった。
その後、NKさんとトイルに行って他の板も物色。
自分の今のスタイルを話すと高梨さんにCORDOVAを薦められた。
色も来シーズンのFritschi Diamir Freeride Plusと合いそう。
ちょいと食指が動きました。でも高いな・・・

ケナシパス+小樽赤岩  むずかしい日 06.03.19


ケナシパスはザラメになりきっていない難しい雪だった。rider:ぐろ

 
また週末は雨模様だ。。おまけに風も強そう。
増毛山塊にある変な山に行くつもりだったけど、こんな天気じゃ行く気になれません。
12月の羊蹄も悪天でだめだったから、ぐろさんと山行くのは先シーズンの芦別岳以来。なんでこんな天気なんや。
変な山はやめて、近場の山に行くことにして、JR塩谷駅集合。でも3人が揃ったら、雨がどしゃ降り。。。
そんなわけだったので、アプローチのないケナシパスへ。
ザラメになりきっていない難しい雪。一回で飽きて、こうなったら小樽界隈の変な場所へ行ってしまおうと、勢いで小樽赤岩へ。
標高200mぐらいの崖上から標高0mの海辺に滑り込む絶叫シュートを狙うのだ。
ワクワクしながらシュートを覗き込むと、あらら、ぜんぜん雪がついていない。。斜度が急なのと、風向きだろうな。
自然が相手だからしかたなし。こんなこともあるさ。
ぐろさんとロボさんは別の場所を調べにいったけど、昼からニセコに行く自分は2人を見送って下山。

【メンバー】  スキー:ロボ、たか   テレマーク:ぐろ
【天候】 雪のち曇


ケナシパスまで来ると雨は雪に変わっていた。

小樽赤岩にて。雪のついたシュートを探しに行く2人を見送る。


【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

風不死岳大沢  おっかない名前のシュートはフカフカだったの日 06.03.18


大沢の源頭からドロップ。ドキドキする斜度。気楽に立ち入れる場所ではありませぬ。

 
それにしてもよくこんな漢字を使うものだ。
風不死岳。
読み方はフップシ岳。
そのシュートをメイク。
安全確かめてシュートにエントリー。
ブッシュが埋まりきっていなかったのはドロップポイントだけ。
あとは綺麗に埋まっていた。
雪はあまり期待してなかったものの、ドロップすると急斜面に残されたねっとりパウダー。
すげぇ~。いい感じ!
シールが効かない細尾根の登りに苦しんだだけに、この雪はうれしい!
こんなことってあるもんですね。
でも後半は予想通りデブリだらけ。
おかげで滝も埋まっていた。

【メンバー】  スキー:ロボ、たか
【天候】 曇
【標高差】 累積約800m
【雪】 前半ねっとりパウダー、後半デブリだらけ
【タイム】
  9:00 スタート(C.300)m
 11:40 C.1102m
 12:40 下山


上部は意外にフカフカ!支笏湖に滑り込む感じがいい。
rider:ロボ

デブリが現れ始めたけど、ねっとりパウダーは続く。
rider:ロボ


後半はデブリだらけ。F3は少し割れていたけど、それ以外の滝は全部埋まっていた。

rider:たか
photo:ロボ


狭いかなと思ったけど、雪がよかったからか、あまりストレスを感じることなく滑ることができた。
rider:たか
photo:ロボ

核心部と考えていた滝の一つ。デブリで完全に埋まっていたのでロープを出す必要もなかった。横滑りでクリア。
rider:たか
photo:ロボ


対岸から見る風不死岳と大沢。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

来シーズンのB-SQUADを見て

画像ここから引用↓
http://www.freeride.nu/content/844/来シーズンも「ROSSIGNOL B-SQUAD」のデザイン変わらんのか。注目していたファットスキーの一つやったけど、緑をベースにしたデザインにグッとこない。自分的にはBANDIT-B1の赤色がいいねんけどな。
他にも欲しい!と強く惹かれる板がないし、来シーズンもBANDIT-B3続投か?。どうなることやら。
ま、気に入ってるからええかな。
もうちょっと張りがほしいなと思う状況もあるけど、3シーズンみっちり履いていると愛着も湧いてきた。
この板といろんな山でいろんな経験したと思うと、なかなか次に移れないのも事実。
毎年板を買い換えていたゲレンデメインのころよりも、山に行くことが多くなった今の方が板への愛着が強くなっているかも。大事な大事な相棒。
ヘタってきいるけど、これぞ!!っと思う板が出るまで、大事に乗っていこうかな。

羊蹄山北面  早朝の日 06.03.11


斜度はGOOD!
でも雪が・・
rider:ロボ

 
低気圧が近づいている。
昼前には雨が降り出しそうな予報だったので、午前中に滑ってしまおうと日の出る前からスタート。
ヘッドランプ付けて薄暗い森を歩く。羊蹄山のシルエットが闇夜にうっすらと浮かんでいる。
次第に空が明るくなってくる。雲は高い。まだいけそうだ。
雪の森にも光が差し込んでくる。この時間が好き。
標高が低いところはモナカ雪だったけど、高度を上げると次第にねっとりとした雪に変わった。期待!
細尾根にさしかかったところで風が強くなってきた。小さな氷の塊が飛んできて顔にあたる。痛い。
おまけにとうとう雨もぱらついてきたので、C.1100mぐらいから156の沢側壁にドロップすることにした。
側壁上部はねっとりとしたパウダー。結構いい。
斜度が一気に急になる中盤からはモナカっぽくなり、沢のボトムは板つかみ。
つかまれまくりながら沢を下降して下山。小さなデブリがいっぱいだった。
山麓のトドマツ林に春の香り。もうそんな季節か。

【メンバー】 ロボ・たか
【天候】 曇り後雨
【標高差】 累積約900m
【雪】 ねっとり→モナカ→板つかみ
【タイム】
  5:00 スタート(C.260m)
  7:30 C.1150m
  8:20 下山(C.260m)


rider:ロボ

rider:ロボ


rider:ロボ

rider:たか

rider:たか

rider:たか

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

羊蹄山北面  あせった日 06.03.04


深い沢、細い尾根、長いアプローチの羊蹄山北面。

 
あ~~~、あせった。
全体的に雪はよくて安定はしていたけど、所々、クラストの上に15cm~20cmの風成雪が載っていて嫌な思いをした。
去年5月も来たけど、なかなかタイミングが合わない。ぶ~~~。いい斜面なのに。
C.1400mまで登ったけど、雪が極めて不安定だったのでC.1300mから148の沢を標高差200mほど落とし、尾根乗り越して156の沢側壁へ。
ロボさん滑ったけど、テンション下がってた自分は尾根から見学。
また尾根に戻って、最後は学校の沢をボトムまで。
下界はぽかぽか暖かかった。
※雪崩に遭遇しました。レポートはこちらに掲載しています。

【メンバー】 ロボ・たか
【天候】 曇り
【標高差】 累積約1130m
【雪】 パウダー
【タイム】
  7:30 スタート(C.280m)
 12:30 C.1400m
 14:30 下山(C.280m)


軽い新雪が積もっていた。

よい感じ。


156の沢。陽射が欲しいなぁ。

148の沢。羊蹄ピークから滑れたらきっとドリームラン。

尾根に戻ってから2本目。rider:ロボ

学校の沢。標高低いところは天気がよかった。

rider:taka
photo:ロボ

rider:taka
photo:ロボ


rider:taka
photo:ロボ

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

羊蹄山北面

3月だけど、まだまだフカフカのパウダー。


Top

HOME

たか

Author:たか
since 2003 4/1
北海道の山々をメインフィールドとしてテレマークスキーをしています。無理せず、自然体で楽しんでいこうと思います。

この人とブロともになる

全タイトルを表示

名前:
メール:
件名:
本文: