SNOWFOREST

北海道でのバックカントリー、テレマークスキーの記録 etc..  from  sapporo (2017から)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコアンヌプリ こういうのもいい日 05.12.30

関西からの客人を迎えてのリゾートスキー。
千歳まで迎えに行ったあと、ニセコのカリー小屋で昼食。
そのあとアンヌプリスキー場で滑って、鯉川温泉であったまり、最後は唐火七で夕食。
スキー場のパウダーは喰われまくっていたけど、それでも客人は大喜びだった。
温泉も大喜び。
スープカレーに唐火七の雰囲気にも大喜び。
いい日だった。
スポンサーサイト

動画

山に行くとビデオ撮ってもらえたりするので、ブログに動画掲載できたらいいなぁと思っていたのですが、FC2は公式に動画サポートしていないみたいです
なので、「カンタン動画変換配信サービス」っていうのを試しに使ってみました。
12月23日の尻別岳スッカが撮影してくれた動画で実験。
どうでしょうか。
どうしても荒くなってしまうみたいですが、特殊なファイル形式にエンコードして、サイズも落としているみたいなので仕方ないのでしょうね。
それなりに見れるのでいいかなと思っていますが、他にいい方法があれば知りたいです。

羊蹄山喜茂別ルート まったりした日 05.12.25


ナイスラン! rider:NKさん
 
連休最終日は羊蹄山。
尻別岳2連荘で精神的にも充足していたし、体も疲れていたので狙っていた山は中止。粉雪セッションin羊蹄山に合流させてもらった。
粉雪食人からは、NKさん、TPさん、kanegonさん、nanaちゃん、taroちゃんの5人。

なんとなく体も重かったのでゆっくり登って1050mまで。
みんなはもう少し上まで登っていたけど、もういいやぁ、という気持に。曇っていたものの、風はなくて穏やか。心身ともにすっかりまったりモード。 こんなのは久しぶりだ。こういう時は無理せず写真撮影でもするのが良。
ビデオ担当のY棒と同じ場所でカメラを構える。
みんないいスプレーを上げて滑ってくる。よい感じだ。粉雪食人の人たちは上手いなぁ。
いい刺激になった。
撮影終了して、自分も滑る。今日の標高だとツリーランだ。
雪は軽い。深すぎないので板も走る。ルンルンルン。
尻別みたいに緊張する斜面じゃないので、リラックスして滑れた。
まったりモードのなかなか楽しい山行だった。

前日にカノマーさんのパーティが入っていたおかげで、最初の直線コースのラッセルが楽でした。ありがとうございました。
カノマーさんの記録だと、登行時間は4時間ちょっとで1,500m。ラッセルありでもこれぐらいのスピードで登れたらもっと羊蹄を楽しめるなぁ。

【メンバー】
 スキー:NKさん、TPさん、kanegonさん、JJ、たか
 テレマーク:次元
 ボード:Y棒、yasuyo、nanaちゃん、taro
【天候】 曇り
【標高差】 約700m
【雪】 しまり雪の上に20cmほどのパウダー
【タイム】
  8:50 登り開始(C.315m)
 11:50 C.1050m
 13:20 下山(C.315m)


1年前とは大違い。いい感じで滑れるようになったJJ。

昨日は日本海で極寒サーフィンしていた次元。テレマークもすっかり板についていた。もうボードは乗らないのかな?


羊蹄喜茂別で水を得た魚になるフィッシュライダーyasuyo。

スピーディなショートターンが印象に残ったTPさん。


ミスターHG?kanegonさん。アグレッシブだった。

ボードを変えてリベンジ。先週とは別人のような滑りを見せてくれたnanaちゃん。ピンぼけしちゃって大きい写真は載せてません。ごめんちゃい。


いい雪を思う存分楽しんでいたtaro。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

尻別岳 ぼちぼちな日 05.12.24


この高度感、なかなかです。ドキドキのファーストは、安定した滑りで安心して見ていられるY棒。
 
昨日のトレース利用しようと2日連続尻別岳。
予報とは違って天気も持ってくれた。今日も青空ライディング。
雪は昨夜20cm程降ったみたい。軽いパウダーだった。

先発隊でこぐさん達が登ってくれたのでラッセルはなかったけど、シールはスリップして大変。
昨日の疲れが残っていたのか、正直しんどかったけど、こぐさん、ゆきぽん、よしき君のライディングを見て、モチベーションアップ。
なんとかがんばって1000mぐらいまでシールで登りきった。やっぱテクニカルだ。
雪もよさそうだし、これは滑りも期待できるぞ、と昨日と違うラインをチョイス。でも、ミスった。。
もじゃに阻まれて、一旦ストップ。
気を取り直してラインを変えて滑るも、日陰になった斜面のうねりに対応しきれず、転倒。サイアクだ。。。
今日は長いラインを落とすことができずに残念。
全体的に見れば、ぼちぼち楽しめたかな。
yasuyoはいい感じで滑っていたし、JJはヘロヘロにならずに頑張って登っていた。
いい感じだ。

【メンバー】
 スキー:JJ、たか
 ボード:Y棒、yasuyo
 ※会った人:こぐさん、ゆきぽん、よしき君
【天候】 晴れ
【標高差】 約750m
【雪】 しまり雪の上に20cmほどの新雪
【タイム】
  8:50 登り開始(C.350m)
 12:00 C.1100m
 12:40 下山(C.350m)

いい感じで滑っていたyasuyo。

頑張ったJJ。核心部のノド。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

尻別岳 当たりの日 05.12.23







スティープなオープンが魅力だけど、当然リスクも高い山。
ここ数日の天候を考慮して、今日がチャンスと判断。
ピット掘って調べる限り、雪は安定していた。
すねラッセル、樹の枝をつかんでのよじのぼり、壺足登行、なんでもありのテクニカルな登りの先に待ち構えていたのはうれしはずかしドリームバーン。
積雪はまだハイシーズンほどではなく地形のうねりが出ているが、滑走には問題なしだった。
しまり雪の上に15cmほどのパウダーで、スピードに乗れて気持ちよかった。
でも、核心部の手前で減速してしまったのが心残り。
友達の知り合いの知り合い、そのまた知り合い、というような、まったく初対面の方を含めてのパーティ構成には正直不安があったが、天候と安定した雪に助けられ無事下山。

【メンバー】
 スキー:Yさん、K、たか、Tさん
 ボード:みきおさん、スッカ、Mさん
【天候】 晴れ
【標高差】 累積約900m
【雪】 しまり雪の上に15cmほどのパウダー
【タイム】
  8:50 登り開始(C.350m)
 12:00 C.1100m
 13:20 C.613m
 14:00 C.750m
 14:30 下山(C.350m)

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

-積雪状況の予想と検証が重要-

12月18日(日)夜は、ぐろさんを自宅に迎えて合宿。
今夜のテーマは雪崩と積雪状況の把握。
14日に札幌で行われた「雪崩から身を守るために」の内容を詳しく教えてもらう。
概要はさなから聞いていたけど、詳しく聞くとさすがにリアルだ。考えるところが多数あり。

雪山での行動について話し合う。
とりあえず、雪というものに敏感にならなければと思った。
山に入る前に、降雪、風向き、風力、気温などをできるかぎりチェックし、積雪状況を予想。そして現場でのピットチェックを行い検証。
これは滑る斜面の危険度にかかわらず行いたい。
それを繰り返し、自分の中でのデータを蓄積していく。
面倒くさがらずにやることが大事だなと。
、リスクの高い斜面に入るときは、ちゃんとハーネスとロープで確保してピットチェックすることも必要かと。
羊蹄の尾根を滑るときとかは、ピットチェックを随分サボっていたけど、まじめにやらないといけないですね。
当たり前のことなのでしょうけど。
吹雪いているときとかに雪掘るのはなかなかつらいけど。。

他にもいろいろ。

有意義な合宿でした。

倶知安バックヒル&モイワ山 モニョモニョスプレーの日 05.12.18

(モニョモニョスプレー1 rider:Y棒)  
今日も羊蹄山を狙っていたけど、、、
朝から吹雪~、猛吹雪~~♪
こんなんじゃ登る気にはなれません。
あっさり山はあきらめました。
視界ゼロの中をヒヤヒヤしながら車を運転。これが一番疲れた。
スキー場も強風のためゴンドラ動いてないし。。
なんとか滑れるところを探してウロウロウロウロ。


【メンバー】
1ラウンド目:倶知安バックヒル
  スキー:だいすけ、JJ、たか
  テレマーク:ぐろさん
  ボード:Y棒、yasuyo
2ラウンド目:ニセコモイワ山
  スキー:JJ、たか
  テレマーク:ぐろさん
【天候】 雪時々晴  【標高差】 未測定
【雪】 やや重パウダー  【タイム】 未測定

■1ラウンド目
つかの間の晴れ間に見つけた倶知安バックヒル。(勝手に名前付けました。たんなる倶知安町の裏山です。)
距離は短いがノートラック面ツルパウダー。標高差100m弱?あっという間にピークまで登って滑走準備。パっと見は気持ちよさそうな斜面。
「おっしゃ、いくぜぃ」とY棒がドロップするけど、雪が重くてスピードが全然でない。。
みんな、重そうなスプレーをモニョモニョ上げて滑走。一本滑って終了。


(モニョモニョスプレー2 rider:だいすけ)

(モニョモニョスプレー3 rider:JJ)


(モニョモニョスプレー4 rider:yasuyo)

(スピード出ないので、ゴーグルしなくても大丈夫。rider:ぐろさん)

みんなと別れ、黒松内泊のぐろさんと移動。
もう昼過ぎ。各スキー場のリフトも通常通り動いていたけど、今からゲレンデ行ってもトラックだらけ。思案しながらウロウロウロウロ。そしたら、またまた晴れ間が!

■2ラウンド目
ニセコモイワ山の斜面がきれいに見えた。しかもノートラック!!睡魔に襲われてた体を奮い立たせて準備。ニセコモイワスキー場からアプローチ。
ペアリフト降りたら、千歳グループと遭遇。ヤッシー、Y口さんと会話。 Y口さんは噂通りの方だった。別グループにはこざるちゃんがいた。なんだかよく人に会うなぁ。
天気は、またまた吹雪・・・ありゃ・・
でも頑張って登る!いいとこまで登りきったら、オープンを見つけてドロップ。
ぴゅ~~~~!2ラウンド目は当たり。すこし重いものの、1ラウンド目から比べると全然アリ!真っ白な斜面にストレートなラインをメイク。ストレス解消!ウッシッシ。
本日はこれにて終了。鯉川温泉で体をあたためて、帰宅。


吹雪の中、モイワ山を目指す。この後、天気は回復した。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

羊蹄山喜茂別ルート なかなかの日 05.12.17

羊蹄山 (深い雪にもめげず頑張ってラッセル)  
雪が深いだろうなぁと覚悟して羊蹄山。
シールだとすね~ひざラッセル。少し雪が重いかな。
気づいたら、メンバーと離れてた。
別グループのやっちさんたち2人組みとラッセルを交代して登る。
風も弱く、視界もあったし、できるだけ長く滑りたかったので1350mまで登った。このぐらいの標高まで登ると、まぁ、満足。
他のメンバーを待たせることになってしまったことは反省しないと。。
1000m~1350mまでのオープンもブッシュがうるさい箇所もあったが、上手くラインを選んで一気に滑り降りる。
ウォー!板もよく滑る!いい感じだ。
雪は重めだが、やっぱりノートラック面ツルパウダー&長い距離を滑るのは気持ちいい。
1000m以下も笹が完全に隠れて滑走にはノープロブレム。
仕上がるには、あと1、2mの積雪は必要かな。

【メンバー】
 スキー:だいすけ、NKさん、kanegonさん、たか
 ボード:Y棒、yasuyo、スッカ、nanaちゃん
【天候】 曇り時々雪
【標高差】 約1030m
【雪】 パウダー
【タイム】
  8:00 登り開始(C.315m)
 12:00 C.1350m
 13:40 下山(C.310m)


C.1300mから斜面上部の様子。1350m付近がモジャモジャ。あれより登っても滑るのはおもしろくなさそうなので、1350mで終了。オープンバーンはいい感じ♪

今回BCデビューとなったnanaちゃん。最後までめげずによく頑張ってた。すばらしい~。
彼女をサポートしていたメンバーも素敵だ。


京極温泉から見た羊蹄山の様子。

おまけ。あの山。

付記
・3シーズン目となるスキーシール。少し登攀力が落ちたのか、それとも雪が深かったのかな。。先シーズンだと直登できた箇所でも、ゆるくジグを切るようになった。
シールって、いいパフォーマンスが続くのは何シーズンぐらいなのかな。もっとも、保存状態にもよるだろうけど。
・登山道の沢への入り口はまだブッシュが目立っていた。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

パンツ物色中&インフルエンザ予防接種

某オークションで見つけた、マムートのヌプシパンツ ダスストームレトロ。
そろそろ新しいパンツが欲しくなって、いろいろと物色しています。バックカントリーのパンツって淡色系で暗い色のものが多いので、天邪鬼なのか、ちょっと違ったパンツが欲しいなと。
で、目に付いたのがこのパンツ。
膝に大きな切り替えしがあるデザインはどうしてもヤボったくなるけど、こんな感じなら可じゃないかな。
でも、今使っているジャケットは発色のいい赤なので色合いが合わないし、サイズもでかいので買わないけど。
どっかにおもしろいパンツがないかなぁ。

話変わって、今日、インフルエンザの予防接種を受けました。
2100円。注射打ったあとはなんとなくダルくなった。軽い副作用?
完全にインフルエンザにかからなくなるというわけではないけど、症状が軽くなるならいいかな。
これからのハイシーズン、仕事と山の両立のためにも、体調管理には気をつけたいところです。

ニセコアンヌプリ パフパフナイターの日 05.12.11

ニセコアンヌプリ (photo:おニューのウェアでウキウキJJ)  
今日も天気が悪いぞ。一応早起きしてニセコ方面に向かう。山は昨日より状況悪そう。こんな日にバックカントリーに入るのは命の危険を感じるぞ。スキー場ならなんとかなるかな。
NKさんと合流。ニセコ東山へ向かう。
めちゃくちゃ天気悪い。チケット売り場でリフト・ゴンドラの運行状況を聞く。 ガーン、一番下のリフトしか動いてないんでやんの。あ~あ。
グランヒラフも同じ状況。しゃあないな。
またもやNKさんと一緒に滑るチャンスを逃してしまった。残念なり。
NACにJJのおニューのアウターを取りにいって一旦帰宅。お持ち帰りしていた仕事を片付け、お昼寝。グースカピー。
予報では夕方近くに風が収まりそう。ナイター狙いに変更。時間差攻撃。

昼寝から目を覚ましてスキー場ライブカメラとリフト運行状況チェック。
おおっ、各リフト・ゴンドラも動き始めたみたいだ。
パウダー確実。
出撃決定。リベンジだ。ニセコアンヌプリスキー場へ。実は行くの初めて。
※ナイターって写真撮るの難しいですね。デジカメの自動設定でISO感度が調整されてしまったので画像が荒いです。

【メンバー】
 スキー   :JJ、たか
【天候】
 曇りのち雪
【雪質】
 パウダー


JJもこの雪に感動!滑りも満足できたみたい。いい感じで滑ってた。

スプレーの先で左手が見えています。オーバーヘッド♪。
(rider:たか photo:JJ)


やっぱり暗いと写真撮るのは難しい。斜面はよい感じ♪♪
(rider:たか photo:JJ)

おまけ。帰りによった唐火七で食べたドライカレー。雰囲気のいいお店でした。

ゲレンデに到着すると斜面もいい感じ。風もおさまっている。おお~~、目を逆三角にして準備をする。
ゲレンデはパウダー天国。ウハウハ。ジャンボ第一リフトをぐ~るぐる回す。深雪林間コースもよい感じ。ノートラックも少し残っているぞい。
日曜の夜だからか、人も少ない。思いっきり飛ばた。イヤッホイ♪
うかれながらも、常に体の動かし方に気をつけて滑る。練習モードは忘れずに。本番はやっぱしバックカントリー。 あの山のあの斜面とか、あっこのシュートとか。。
アイムM?
昨日のブリザード羊蹄山で飛ばせなかった分も取り返す。
ノンストップ休憩なしで、4時間滑り尽くして終了。ナイター券1,900円でこんなにパウダー楽しめるなんて。北海道万歳。
帰るころには雪がまたしんしんと降っていた。

【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

羊蹄山真狩ルート 今シーズン初山。吹雪が新鮮だった(すぐ飽きた)日 05.12.10

羊蹄山 どうしようかなと散々悩んだ末、羊蹄山真狩ルートにいってみることにした。
決めたのは朝7時すぎ。とりあえずニセコ方面に車を走らせる途中に思いついた。
普通ならスキー場の方がいいんだけど、ゲレパウは先週楽しんだし、そろそろ山に行きたい。シーズン初めの今、自分がどれぐらい登れるかも確かめたい。風も強そうなので、樹林帯で風をさえぎれるところがいい。
ありえないけど、万に一の可能性で、天気がよくなったらあのスロープもいけるかも・・(だめなら真狩大斜面)と思って真狩ルートをチョイス。
そんな思惑が頭をぐるぐる回った。JJには急な話で申し訳なかったかな。
(photo:吹雪に飽きて、滑る準備をするJJ)

【メンバー】 スキー:JJ、たか
【天候】 吹雪
【標高差】 約690m
【雪】 パウダー

【タイム】
  8:50 駐車場(C.360m)
 11:00 C.1050m
 11:40 駐車場(C.360m)


登りはじめは青空が見えた。一瞬だとは思いつつも、何故か期待してしまう。

C.900mあたりの様子。


視界が悪いので、ルートをはずさないように慎重に滑る。大きなターンはできないので、小回りでパウダーの感触を味わう。(rider:JJ)


天気は結局回復せず、ますます雪と風は強くなった。久々の吹雪に最初は新鮮な感じを受けたものの、いいかげんストレスの限界がきた。
こんな場所からはとっととズラかろう!と、1,050mで終了。終始すねラッセルで登り2時間。自分にしてはいいペースかな。JJに替わってもらってもよかったけど、調子がいいので最後までトップ。
登り始めは右股関節になんだか違和感を感じたけど、次第にそれもなくなって、あとはサクサク登れた。
この調子で登行力を上げることができれば、春には尾白利加、ポントナシベツなんかのロングアプローチの山も夢ではないかな・・

さて、雪について。
3cmほどの氷板の上に、20・30cmの新雪。笹はそんなに気にはならなかった。昨年の12月25日より雪がちょっと少ないくらいかと感じた。(ちゃんと計測していないので、あくまでも主観)
C.800mを過ぎて斜度がだんだん増してくると、板で踏んだときにズルッと雪がずれることがあった。この状態なら、天気がよくてもあのスロープは無理やったな・・。予想はしていたけど。

んで、滑り。
視界が悪いので、2番候補の真狩大斜面もまっしろけっけ。登りのトレースを忠実にたどって滑る。
真狩コースだから樹木の密度は濃いけど、雪が軽いので滑りは快適。1合目以下は地形のデコボコが隠れていないけど、コブ斜面みたいで、それもまた楽しい。

下山後は冷え切った体を温めるために真狩温泉へ。喜茂別ルートを登っていたY棒、yasuyo、Dすけと合流。
yasuyoにX回目のバースディプレゼントを渡す。おせっかいなプレゼントでごめんね。
その後、ニセコモイワスキー場によって、粉雪食人のメンバーと歓談して帰宅。今夜は芋焼酎だ。


【スキー板】 ロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【シール】 グライドライトSTS 120mm幅
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

黒松内の山

バックカントリーではほとんど注目されていない地域だと思いますが、可能性を持っている斜面はちらほらありそうです。
写真は作開三山(ローカルネーム)の一つ。
なかなかいいラインじゃないですか?
この町に来て3年目、チャンスがあれば、地元の山の可能性も探ってみたいです。

POWDER

ニセコ東山貪欲にパウダーを求めるコグ。


定山渓天狗岳

定山渓天狗岳ニセワラジルンゼ藪山のなかに屹立する定山渓天狗岳。
なんだか、身長2400mぐらい(8頭身と想定)のスタイルのいいおじいさんの顔みたいに見える。山の中央にある大きな黒いところ(デルタフェイスという岩)が口。
んで、その上の小さな三角形の岩肌が鼻。おじいさんの目みたいなのもついてる。
おじいさんの左耳から左頬のあたりを滑ってみたい。

ニセコ東山 パウダー万歳の日 05.12.04

ニセコ東山 昨日から雪が降り続いている。イワオヌプリとかは滑れるだろうけど、今日もニセコ東山スキー場。サーファー&ゲンテンボーダー(なんだか、いかにもって感じだ)の4人と一緒。
スキー場が続いているけど、シーズン初めの今はゴンドラ・リフト使ってガンガンパウダーを滑りこんでおくのもいいだろう。
割引チケット使って5時間券2,300円。プリンスホテルの温泉入浴券付。こぐさん、よしき君ありがとう。
ゴンドラ一番乗り。パウダーを求めてあちこち滑る。
昨夜の冷え込みのおかげか、昨日より雪は軽い!幸せだ。
(rider:こぐさん)

【メンバー】
 スノーボード:みきおさん、こぐさん、よしき君、ともみちゃん
 スキー   :JJ、たか
【天候】
 晴天
【雪質】
 パウダー

11時前にはほとんど滑り尽くす。ぷふ~お腹いっぱい。
ゆっくりスタートだったY棒、yasuyo、Dすけと出会う。圧雪バーンで練習モードらしい。
晴天のせいで雪も重くなってきたので、JJと練習モードに変更。重心移動に重点を置いて滑り込む。
たっぷり滑った後は、割チケについていた入浴券を使用して、ニセコ東山プリンスホテル新館の温泉へ。1000円もするので、いままで入ったことなかったけど、露天風呂からの景色は絶品。雪化粧で真っ白くなった羊蹄山を真正面に見ながらのんびりと湯につかる。
今日は滑り筋をけっこうつかった。特濃豆乳を飲んで熟睡だ。


(rider:ともみちゃん)

(rider:みきおさん)



(rider:JJ)

(rider:よしき君)

圧雪バーンでの練習。こんなもんだ・・・ふぅ。(rider:たか photo:JJ)

【スキー板】 フロシニョール バンディットB3(185cm:122mm・94mm・112mm:R=26m)
【ビンディング】 フリッチ ディアミールFR
【ブーツ】 ラング BANSHEE 105
【ウェア】 EIDER(XENIUM PROTECTION COMMODORE)

ニセコ東山 リミテッド2,3の日 05.12.03

ニセコ東山 当日の天気を見ていく場所を決めようと、ニセコ道の駅で集合。
風雪が強く、視界もよくない。ニセコヒラフに向かっているGakuさんから周辺の状況を聞く。予想どおり山はもっと状況が悪い。
まぁ、山はまだまだ雪が少ないしええか~と、ゲレンデで滑ることに変更。
雪はいい勢いで降っているのでゲレンデはきっとパウダーでパフパフだろう。
ヒラフより空いてて、「リミテッド」という魅力的なコースがあるニセコ東山スキー場でゲレパウを楽しむことにした。リフト券も少し安いし 。^^;
(rider:yasuyo)

続きを読む »

Top

HOME

たか

Author:たか
since 2003 4/1
北海道の山々をメインフィールドとしてテレマークスキーをしています。無理せず、自然体で楽しんでいこうと思います。

この人とブロともになる

全タイトルを表示

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。